【NEWS】ニュージーランド、14歳以下が生涯たばこを買えなくなる法律を発表

ニュージーランドでは、最終的に喫煙者をなくすために、次世代へのたばこの販売を禁止することになりました。

2008年以降に生まれた人(満14歳の人)は、来年に制定される予定の法律により、生涯にわたってタバコやタバコ製品を購入することができなくなります。

この動きは、ニュージーランドの厚生省が1日に発表した喫煙に対する徹底的な取り締まりの一環であり、

ニュージーランドでは、2025年までに全国の喫煙率を5%に下げ、最終的には完全になくすという国家目標の達成を目指しています。

現在、ニュージーランドでは成人の約13%が喫煙しており、約10年前の18%から減少しています。しかし、病気や死亡率の高い先住民族マオリ族の喫煙率は約31%と非常に高くなっています。

木曜日に発表された取り締まりの一環として、政府は大規模なたばこ規制を導入し、たばこの販売場所を大幅に制限して、スーパーマーケットやコーナーストアからたばこを取り除いた。

タバコの販売を許可されている店の数は、現在の約8,000店から500店以下へと大幅に削減されるという。

近年、若い世代の間では、ニコチンを含む蒸気を発生する電子タバコを吸う「ベイピング」が、タバコよりもはるかに人気があります。

しかし、ニュージーランドの保健当局は、VAPEは決して無害ではないと警告しています。研究者たちは、電子タバコのリキッドにも有害な発がん性物質が含まれていることを発見しています。

しかし、2017年に同国は、喫煙者がたばこをやめるための経路としてVapingを採用した。

via CNN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。