【NEWS】【ENG SUB】NHK紅白歌合戦、紅白の境界を失くした新ロゴデザイン公表 (NHK Kohaku Uta Gassen unveils new logo design that loses the boundary between red and white)

第72回となる2021年12月31日のNHK紅白歌合戦の新しいロゴが公開された。

グラフィックデザイナーの佐々木俊さんによるもので、紅色と白色の混ざった鮮やかなグラデーションが成されている。

番組の司会は、大泉洋、川口春奈、和久田麻由子アナウンサーが決定。これまでは「紅組司会」「白組司会」「総合司会」と呼称されていたが、今回は「司会」に統一され、紅・白組関係なく出演者を応援する立場となった。

また、番組テーマ「Colourful 〜カラフル〜」も発表され、新型コロナウイルスにより、彩りの欠けた日々が当たり前になった今、2021年の最後の夜を「カラフル」に彩りたい、また、多様な価値観を認め合おうという思いが込められているそうだ。

The new logo for the 72nd NHK Kohaku Uta Gassen, which will be held on December 31, 2021, has been unveiled.

The logo was created by graphic designer Shun Sasaki, and features a vivid gradation of red and white.

Yo Oizumi, Haruna Kawaguchi, and announcer Mayuko Wakuda have been chosen as the hosts of the show. In the past, they have been called “Red Team MC”, “White Team MC”, and “General MC”, but this time they have been unified as “MCs” and will support the performers regardless of whether they are in the Red or White team.

The theme of the program, “Colourful,” was also announced, and it is said to express the desire to make the last night of 2021 “colourful,” and to acknowledge the diversity of values, now that days lacking colour have become commonplace due to the new coronavirus.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です