「Franz K Endo」が自身初の短編アニメーション作品「Speaking of Happiness」公開

YouTubeの総フォロワー数が30万人を突破し、独特な世界観で数多くのアーティストからも支持されている、気鋭のアニメーション作家Franz K Endo、自身初の短編アニメーション作品「Speaking of Happiness」のリリースを発表。2021年1月2日自身のYouTubeチャンネルにて公開。
2021年初めになる新作は、完全自主製作のフルアニメーション作品。2015~2020年までを、Franz K Endo自身のフィルターを通して描く。
混沌とした世界の中を、顔のない主人公が生きる先はどこなのか。幸せとは何なのか。
行く先の見えない現代を捉えたような新作アニメーションは、Franzの映像作家としての飛躍を感じさせられる内容となっている。

Franz K Endoへのインタビューはこちらより。
【PERSONAL FILE】無職 Franz K Endo 「俺のことを放っておいて欲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です