【NEWS】DCコミックス、最新のスーパーマンがバイセクシャルであることを明かす。(DC Comics reveals latest Superman is bisexual. )

DCコミックスは11月9日に発売される新シリーズ「スーパーマン:カル・エルの息子」の第5号で、スーパーマンがバイセクシャルである様子が描写されると明かした。
80年前にコミックに登場して以来、「スーパーマン」のすべてのコミック版は長年の恋人であるロイス・レーンを愛する様子が描かれてきた。作者のトム・テイラー氏は、インタビューで「この仕事のオファーを受けたとき、『DCユニバースに新しいスーパーマンを登場させるなら、またストレートの白人の救世主を登場させるのは機会損失のような気がする』と思いました」と語った。
全米では、この発表に対し肯定的な意見がほとんどを占め、LGBTQ先進国らしい反応がうかがえる。また、スーパーマンは過去作で白人至上主義者と戦うなど、アメリカのあらゆる正義の象徴としての役割を担っていると言われており、今後の展開に対する多くの期待も寄せられている。

この事実を明かした10月11日は、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの人々を支援するためのナショナル・カミングアウト・デーと制定されている。

DC Comics has revealed that Superman will be portrayed as bisexual in the fifth issue of the new series “Superman: Son of Kal-El,” which will be released on November 9.
Since his first appearance in comics 80 years ago, all comic versions of “Superman” have depicted him loving his longtime girlfriend Lois Lane. Author Tom Taylor said in an interview, “When I was offered this job, I thought, ‘If we’re going to have a new Superman in the DC Universe, it seems like a lost opportunity to have another straight white savior.
In the U.S., most people were positive about the announcement, which is typical of the reaction in LGBTQ-advanced countries. In addition, Superman is said to play a role as a symbol of all kinds of justice in the U.S., such as fighting against white supremacists in the past movies, and there are many expectations for the future development of Superman. October 11 has been designated as National Coming Out Day in support of lesbian, gay, bisexual and transgender people.

参考記事:https://www.cnn.com/2021/10/11/entertainment/superman-comes-out-bisexual-jon-kent-cec/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です